交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用

交通事故Q&A 2

 

▶交通事故Q&A1へ ▶交通事故Q&A3へ  ▶交通事故Q&A4へ  ▶交通事故Q&A5へ  ▶交通事故Q&A6へ

 

Q.保険会社から治療の打ち切りを求められましたが、まだ治療が終わっていません。こういう場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

Q.交通事故の相談に際し、どのような書類を持っていけばよいでしょうか?

 

Q.交通事故の加害者に、警察に届けないで示談にしたいと言われました。相手の言うとおり警察に届けずに後で問題になることがありますか?

 

Q.交通事故の加害者と被害者の過失割合は、どのようにして決められるのですか?

 

Q.車が盗難に遭って、盗んだ者が人身事故を起こしました。車の保有者である私も責任を問われるのでしょうか?

 

Q.後遺障害等級認定に納得が行きません。どうすればいいですか?

 

Q.交通事故の損害賠償額には何か基準が設けられているのですか?

 

Q.加害者が任意保険に加入していない場合は、損害賠償額が大幅に減るのでしょうか?

 

Q.交通事故の治療費を支払うため示談前にお金が必要です。どうすれば良いですか?

 

Q.従業員がマイカーで通勤途中に人身事故を起こして徒歩で通学途中の高校生が負傷しましたが、その従業員は任意自動車保険に未加入でした。会社は被害弁償に応じる義務がありますか?

 

Q.交通事故による怪我で後遺障害が残りました。後遺障害の等級はどうやって決まるのですか?

 

Q.後遺障害は症状固定にならないと申請できないと言われました。症状固定とはどのような状態を言うのですか?

 

Q.後遺障害の認定結果に異議を申し立てようと思いますがどのような点に注意するべきですか?

 

Q.交通事故で怪我をして通院治療をすることになりました。どのようなことに気をつければいいですか?

 

Q.交通事故に遭った場合、自覚症状がなくても病院に行った方がいいのですか?

 

Q.交通事故に遭って1年以上経ってからでも損害賠償請求できますか?

 

Q.自動車事故で追突され受傷しました。頸椎捻挫と腰椎捻挫(むちうち症)と診断され治療中ですが、相手方の保険会社から治療費支払い打ち切りの打診を何度か受けています。まだ自覚症状があるのですが、今後どのような対応をすれば良いでしょうか?

 

Q.交通事故による損害額の算定については基準になる「赤い本」があると聞きました。「赤い本」とは何ですか?

 

Q.交通事故の示談交渉をできるだけ有利に進めるコツがありますか?

 

Q.後遺交通事故に遭いました。加害者がどのような刑事処分を受けることになったかを被害者側が知ることはできますか?

 

Q.交通事故に遭い、事故の加害者が起訴されました。刑事裁判中や刑事裁判が終わった後に、交通事故の被害者が裁判の記録を閲覧したり、コピーを取ったりすることはできますか?

 

Q.私は先日、交通事故に遭い、現在も治療を続けています。そうしたところ、最近になって、事故の加害者が亡くなったことを知りました。被害者である私は、まだ損害賠償を請求する権利があるのでしょうか?

 

Q.5歳の息子を交通事故で亡くしました。悲しみがからまだ立ち直ることができませんが、そろそろ損害賠償について話し合う時期が訪れています。損害賠償の計算はどのように行うのでしょうか?

 

Q.交通事故に遭ったので、今後どのように損害賠償請求を進めれば良いか弁護士に相談したいと考えています。弁護士に相談に行く時に持参する書類にはどのようなものがありますか?

 

Q.夫が交通事故で亡くなりました。家族は妻の私と子ども1人と夫の両親です。誰が慰謝料を請求できますか?

 

Q.私には既往症があるので損害賠償額を2割差し引くと保険会社から言われました。既往症がある者は、損害賠償額の減額を受け入れなければいけないのでしょうか?

 

Q.優先道路を走っている時に交差点で車と衝突しました。物損では100対0で示談したのですが、人損で保険会社がこちらに10%の過失を主張してきました。人損と物損で過失が違うということに納得できないのですが?

 

Q.75歳の母が交通事故に遭って亡くなりました。年金生活者なので収入は年金しかありません。このような場合でも、逸失利益は認められるのでしょうか?

 

Q.交通事故の裁判における和解の話合いとはどのようなことを行うのですか?

 

Q.交通事故の被害者です。保険会社の賠償額に納得できないので示談がなかなか進まないのですが、裁判まで進むとさまざまな負担が増えて大変でしょうか?

 

Q.交通事故の損賠賠償における休業損害とはどのようなものですか?

 

Q.自動車保険の更新を迎えましたが、弁護士費用特約の案内が入っていました。弁護士費用特約とはどんな保険でどのように使うのですか?

 

Q.自動車事故の対人賠償はいくら位支払う可能性があるのでしょうか?

 

Q.交通事故に備えて自動車保険に入ろうと思います。人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険はどう違うのですか?

 

Q.先日、横断歩道を渡っていたところ、交通事故に遭いました。事故の相手方はバイクで17歳の高校生が運転していました。このように事故の加害者が未成年者の場合、被害者の親に対しても損害賠償を請求することはできますか?

 

Q.先日、知人の車に乗せてもらっていたときに、その知人が車をガードレールに衝突させるという交通事故を起こしました。私はこの事故で怪我をしました。このような場合、知人に治療費など損害の賠償を求めることができるのでしょうか?

 

Q.交通事故の実況見分調書とはどのようなものですか?

 

Q.友人が人身事故に遭い実況見分に立ち会った時、気が動転して上手く説明ができなかったと言っています。交通事故の実況見分でどのような説明を求められるのでしょうか?

 

Q.交通事故を起こした場合の刑事責任について教えてください。

 

Q.交通事故では罰金を支払う場合と反則金を払う場合があると聞きました。罰金と反則金はどう違うのですか?

 

Q.交通事故の被害者が損害賠償を求めることができる相手は加害者だけではないという話を聞きました。具体的には誰に責任追及ができるのですか?

 

Q.交通事故の損害賠償請求権は時効までの期間が割合短いと聞きました。交通事故の被害者が損害賠償できるのは事故後いつまでですか?

 

Q.わたしには妻と2人の子供がおり、わたしの両親も健在です。もしわたしが交通事故で死亡した場合、損賠賠償は誰が行うことができるのでしょうか?

 

Q.交通事故で重度の後遺障害が残った場合、今後の介護費用を補償してもらえるのでしょうか?

 

Q.交通事故の被害者となり、現在通院治療中ですが、加害者側の保険会社から連絡がありました。事故のことをあまり思い出したくないのですが今後どのように対応するべきですか?

 

Q.交通事故の被害に遭い、その時の恐怖からPTSDになり、その後の生活に支障が生じています。PTSDによる損害も賠償してもらえますか?

 

Q.妻が交差点で青信号に従って横断歩道上を歩いていたところ、信号無視の車と接触して負傷しました。通院治療はすでに終えて治療費の支払いも済んでいます。先日、事故の相手方の保険会社から示談書が送られてきて、この内容で示談するのであれば示談書に署名捺印して保険会社に送り返して欲しいとのことでした。今後どのように対応したら良いのでしょうか?

 

Q.交差点を青信号で通過中、信号無視のトラックと接触して人身事故に遭いました。頭を5針縫う怪我をした他、首に違和感があり整形外科で通院治療を行いました。抜糸が終わり痛みが消えたので現在、通院はしていません。先日、保険会社から示談の提案がありました。提案の中に「傷害慰謝料」という項目がありましたが、1日4200円として通院した日数を掛けて算定されていました。一日4200円という低い金額に驚いています。このような慰謝料が相場なのですか?

 

Q.人身事故の被害者になり、頭部を強打したため通院治療を行っています。タクシーで通院した場合、かかったタクシー代を加害者に請求できますか?

 

Q.交通事故に遭った場合、加害者に対して傷害慰謝料を請求できると聞きましたが、傷害慰謝料の額を決める基準のようなものはありますか?

 

▶交通事故Q&A1へ ▶交通事故Q&A3へ   ▶交通事故Q&A4へ  ▶交通事故Q&A5へ



【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから

 

当事務所へご相談をお考えの方はこちらをご覧下さい

解決までの流れ ■弁護士費用 ■交通事故Q&A
お客様の声 ■弁護士紹介 ■当事務所へのアクセス



 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F