交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 治療関係費とはどのような内容の損害賠償の費目ですか?

治療関係費とはどのような内容の損害賠償の費目ですか?


A 被害者が交通事故によって負傷した場合、その負傷した身体を治すために支出した治療費(医薬品代、手術代、診察代など)や入院費は、必要かつ相当な範囲で実費全額が損害として認められます。

  この点、ポイントになるのは、「必要かつ相当な範囲」の治療にあたるか、ということです。

  何故なら、必要性、相当性のない場合には、過剰診療、高額診療として、損害として認められないことがあるからです。

  過剰診療とは、診療行為の医学的必要性ないしは合理性が否定されるものをいいます。

  具体的には、治療上の必要性が認められないのに、複数の医療機関で治療を受ける、あるいは、医師の裁量を超え明らかに不必要だと判断される医療行為が行われているなど、必要以上の治療行為が行われている場合をいいます。

  高額診療とは、診療行為に対する報酬額が、特段の事由がないにも拘わらず、社会一般の診療費水準に比して著しく高額な場合をいいます。

  高額診療にあたるかについての判断は、単純に健康保険水準よりも高額であるということをもって、賠償を否定することは不相当ですが、どの程度まで許容するかは、その地域の医療事情、高額な請求をする具体的な理由の存否などで変わってくるでしょう。

 



modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F