交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 死亡事故の場合には、どのような損害賠償を請求できるのか教えてください。

死亡事故の場合には、どのような損害賠償を請求できるのか教えてください。

死亡事故の場合ですと、被害者の方が亡くなられる間にかかった治療費はもちろんのこと、葬儀の費用なども請求できます。これらの金額に比べると額が大きくなるのが『死亡逸失利益』と『死亡慰謝料』です。

死亡逸失利益というのは、被害者の方が交通事故にあわなかった場合にその先将来的に得ていたであろう利益のことを指します。通常の場合ですと、その方の平均収入と実際に働いていたであろう年齢までの期間を基礎として算定される額から、必要となったはずの生活費を差し引いた金額になります。この金額というのは、この先の数十年かけて得るはずだった利益を一括して前払いで支払われますので、中間利息が差し引かれます。

死亡慰謝料というのは被害者のおかれていた立場によって基準が決められています(男性か女性か、年齢、一家の大黒柱だった場合など)。そして、死亡事故の場合ですと亡くなられた本人のほかに、近親者の慰謝料を請求する場合もあるのですが、合計額はあまり変わらないようです。また、事故態様が悪質な場合(例えば、飲酒運転による事故の場合)や加害者の事故後の行動が特に悪質である場合(例えば、加害者が証拠隠滅行為を行った場合)、そうでない場合と比べて死亡慰謝料が増額される場合があります。

 



modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F